So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

血糖値 と果糖!「果汁100%」「ストレート」「濃縮果汁」とは? [日記 健康]

糖尿病で、薬と病院嫌いで、食事療法と運動療法による
血糖値のコントロールに、日々勤しんでいます。




糖尿病で薬物治療をしている知人から「果糖もダメと医者に言われた」と
聞き、気になって早速、血糖値 と果糖の関係、生のくだものとジュース類
「果汁100%」「ストレート」「濃縮果汁」などの血糖値との関係を
調べてみますと・・・。


スポンサードリンク





血糖値 と果糖の関係




果糖(果物に含まれる糖分)は、 吸収の速度がゆるやかで血糖値を
急激に上昇はさせないようです。




果糖の代謝順序は、10%がブドウ糖に変換され吸収されますが
残りの90%は、果糖のまま吸収されて、肝臓でそのまま直接代謝されます。




ですから、果糖は血糖値をほとんど上昇させず、インスリンの分泌にも
ほとんど影響を与えないようです。




果糖は、ブドウ糖よりも中性脂肪に変わりやすいので
肥満になりやすいようですね。




飲み物のジュースと生の果物との比較




飲み物のジュースと生の果物とでは、代謝の速さが違います。




生の果物は、食道から胃へ入り、そこでゆっくり消化され、腸へと移動して
糖質もゆっくり吸収されていきます。




でも飲み物はすぐ消化されて
直行で腸へと移動してしまって、そこで糖質が一気に吸収されるので
血糖値が急激に上昇してしまいます。




糖尿病患者にとっては、血糖値の急上昇避けて、ゆっくりと上昇させることが
大切です。
血糖値コントロールの点からすれば、果糖の摂取は、ジュース類よりは
生の果物のほうがいいですね。


スポンサードリンク





「果汁100%」「ストレート」「濃縮果汁」




「果汁100%」

「果汁100%」は、 製法の違いによって二種類あります。

そもそもジュースとは、果汁100%のものだけを言うんですね。
(現在の日本の食品表示基準上は100%果汁のことを指す)


ジュース   果汁100%(果汁100%未満はジュースと表示してはいけない)


果汁飲料   果汁10%以上100%未満(果汁0%でもOK)


清涼飲料水  果汁10%未満(果汁0%でもOK)



濃縮還元


果汁100%の表示でも、「加糖」のものもあります。
ストレート果汁でなく濃縮還元といわれる製法によるものです。




果汁100%でも「加糖」されているジュースの場合
「濃縮還元」という表記がされています。(要注意ですね)




コストを下げるために開発された製法で、産地近くで濃縮して(水分を減らして)
工場で還元する(減らした水分を元に戻す)方法でジュースを作ります。




その際、濃縮加工する段階で風味などが変化してしまうため、
単純に減らした水分をそのまま戻すだけでは美味しいジュースにならないので
少し濃い目に還元して、糖分や香料を加えたりしておいしさを調節するのです。




『濃縮還元』タイプの果汁100%ジュースは
果糖などが添加されていることが多いため、生の果物よりも糖質が高くなりますね。




「ストレート」

ストレート果汁は、果汁を絞ってそのまま容器に詰めたものです。




「濃縮果汁」

「濃縮果汁」はオレンジ等の果汁を煮詰める等して濃度を数倍に高めたジュースで
水等で数倍に薄めて飲みます。
「濃縮還元」と、少々紛らわしいですねぇ。





わかったこと




血糖値をコントロールする上では、果糖は吸収の速度がゆるやかで血糖値を
急激に上昇はさせないということ。
しかし、摂り過ぎには要注意ですねぇ。




果糖を摂取する場合は、生の果物よりジュースは吸収が早くて血糖値の急上昇を
伴うということ。




出来る限り、果物そのまま食べるようにします。
ジュースの場合も、できるだけ ひと手間、ふた手間かけて自分で作ることにします。
代替は「濃縮果汁」にしたいと思いました。




本日も、最後までお読みいただきありがとうございました(合掌)




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。